ローフード・酵素について

ローフード (Raw Food)とは、生の食べ物のことで、
食材を生で食べることにより、植物の酵素や栄養素を効果的に摂ることができ、
健康や美容・ダイエットにも効果が出ている食事法です。
私達人間には消化酵素と代謝酵素があります。
消化酵素は、食べたものを消化するため分泌されます。
アミラーゼ、ペプシン、リパーゼなどが消化酵素です。
もうひとつが代謝酵素です。
体内では止まることなく生命活動がされています。
呼吸、血液を動かす、毒素の排泄、栄養のとりこみ、ホルモンの分泌などその全ての働きは代謝酵素が関与しています。
現代の食事は、欧米食が増え、肉類、加工食品、乳製品、お菓子、などを食べることが多くなりました。
これらの食事が多い方は、消化酵素をたくさん使うため、代謝酵素に使う分が少なくなります。
そうすると、代謝が低下し体調不良を引き起こすことになりかねません。
生の野菜・果物を多く摂取しますと、それを消化するためには、体内の消化酵素はあまり必要としないので、
体内では代謝酵素が十分に働き、代謝が盛んになります。
毒素排泄が盛んになるこで、体調改善、ダイエット、美肌を期待できます。
48度以下で調理をするのがローフードの定義とされています。
ケア終了後には、酵素を破壊しないスロージューサーで作った野菜と果物の生ジュースを召し上がっていただきます。